東松山では第2回目となる自然療法専門医ドナルド・ミラー博士の講演会が

高坂市民活動センターで行われました。

ミラー先生のお話しを聞くのは去年の「ガンの予防と改善」に続いてこれで2回目ですが、いつも「へぇ~、へぇ~」と感心させられ、また驚く話ばかりです。

今回は、食べ物によってどれだけ私たちの品性が影響されるかということを学びました。

私たちの生命を維持するために脳の存在は不可欠ですが、なんと!脳の一部は無くなっても生きられるんです。その脳の一部とは、前頭葉。皆さん聞いたことがありますか?

前頭葉は生命の維持には不必要ですが、人間の道徳的な部分を左右する非常に重要なところで、動物に比べて割合が非常に大きく脳全体の3分の1を占めています。もしここが傷ついたりすると、私たちの品性が大幅に変わり、正しい判断能力が失われてしまいます。

そして私たちが日ごろ食べる物によって、この前頭葉が大きな影響を受けるのです。

例えば、

コーヒー、紅茶、緑茶、チョコレート等のカフェインを含む食品

着色料、防腐剤などの添加物

砂糖

などの影響は想像以上です。

これらの食品を食卓からなくしたらどうなるか・・・刑務所の囚人たちを対象に実験が行われました。そして驚くべき結果が・・・!

ご興味のある方はぜひ、下記へアクセス↓

日本健生協会

Home

(自然療法について更に学ぶことができます)

次回の健康セミナーへもぜひお出かけください。

コメントを書く

*

あなたのメールアドレスは公開されません。

© 2019 セブンスデー・アドベンチスト東松山キリスト教会

Follow us: