バプテスマとは「洗礼」という意味です。洗礼は、イエス・キリストを自分の救い主として受け入れる信仰を表明し、キリストの救いの契約に入る誓いをする厳粛な儀式です。

セブンスデー・アドベンチスト教会は、イエス・キリストが実践された沈めのバプテスマを信じています。

「そのころ、イエスはガリラヤのナザレから出てきて、ヨルダン川で、ヨハネからバプテスマをお受けになった。そして、水の中から上がられるとすぐ、天が裂けて、聖霊がはとのように自分に下って来るのを、ご覧になった。すると天から声があった、「あなたはわたしの愛する子、わたしの心にかなう者である」(マルコによる福音書1章9~11節)。

普通の教会では、礼拝堂の講壇にバプテスマ槽があり、そこでバプテスマ式が行われますが、始まったばかりの小さな東松山教会にはまだそのような設備はありません。

なので今回は、自然の川で式を行いました。前日の夕方から一晩中雨が降り続いたので、お天気大丈夫かなと心配しましたが、翌日の川は全くにごらず、増水せずで、問題なく式を行うことができました。

大自然に囲まれたバプテスマ式は、とっても素敵で私もつい、ここでもう一度受け直したくなったほど(笑)。

本日バプテスマを受けられたYさん、おめでとうございました。

コメントを書く

*

あなたのメールアドレスは公開されません。

© 2018 セブンスデー・アドベンチスト東松山キリスト教会

Follow us: